検索
  • 全磯連 本部

第55回全日本釣り選手権大会について(再送)

令 和3年9月17日

全磯連 支部長各位 会員各位                 

                                 全日本磯釣連盟連

                           会長 髙野民治


第55回全日本釣り選手権大会について(再送)


標記大会につきましては、8月末日の文書で開催を前提として準備を進めていますが、最終判断は9月半ばに決定するとのことを、各支部長を経由してご案内しました。


9月14日に本部役員会を開催しまして、予定通り10月1日~11月30日に  開催することに決定しました。


判断の背景としては、最近になって感染者の減少が続いていること、ワクチン接種が順調に進んでいること、従って9月13日から9月30日まで延長された19都道府県の「緊急事態宣言」と8県の「まん延防止等重点措置」は9月30日をもって解除、又は対象地域の減少が期待されるのではないかと考えました。


全磯連会員諸兄におかれましては、釣行に際しては国や自治体から発出されている感染防止のための各種施策や指示を厳守して、安全で楽しい釣行を心がけますようにお願い致します。


なお万一今後8月から9月初旬の第5波、あるいはそれをしのぐような感染拡大があり、厳しい行動制限が発令された場合は大会を中止することもあります。

万一の場合の判断は本部役員会にご一任くださるようお願いいたします。

又、令和4年3月5日に予定しております「表彰式・懇親会」を行うか否かは大会終了後の12月早々に決定致します。


大会参加費につきましては、大会が成立した場合、12月末までに支部ごとにまとめてお支払いください。


各支部におかれましては貴支部所属の全会員に周知徹底されますようお願いいたします。

                                      以 上

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

平成3年4月13日 全磯連会員 各位 全日本磯釣連盟 会長 髙野 民治 平成3年度の「年間大型賞」について 今年度のイシダイ・イシガキダイ選手権大会については、一度開催のご案内をしながら、直前に中止したことについては、多くの会員からご意見やご批判を頂きました。 「大会」は魚種・期間を定めて参加会員が平等な条件の下で釣果を競うものですから、そのような大会運営が難しい場合は中止せざるを得ないと考えまし